タツミが14年3月期業績を増額修正、自部品の好調と原価低減が寄与

 自動車部品メーカーのタツミ<7268.T>は29日、2014年3月期業績予想の増額修正を発表した。売上高は65億円から67億円(前期比8.0%増)に見直し、営業利益は5億5000万円から6億円(同67.1%増)、純利益は3億3500万円から3億8000万円(同40.7%増)に増額した。自動車部品の伸びに加え原価低減活動によるコスト削減も収益を押し上げる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)