【買い】楽天(4755) 引け間際の攻防に注目 = フェアトレード 西村 剛

TOPIX組み入れで株価乱高下の可能性大
■注目銘柄
【買い】楽天(4755)

■注目理由
1月31日時点で楽天はTOPIX構成銘柄となります。そのためTOPIXと連動する投資信託やETFを運用をしているファンドマネージャーはその前日の30日の引け時点で楽天の株式を購入する必要があります。そのため楽天の30日の株価は引け間際に急速に上昇する可能性があります。一方、このようなTOPIXに採用された銘柄や日経平均に採用された銘柄を先回りして買う投資法も個人投資家の間でも急速に広まっており、すでに同社の株式を先回りして購入している個人投資家が引け間際に売ってくる可能性もあります。実際に楽天の株価が上がるのか、下がるのかを予測するのは難しいのですが、ひとつだけ言えることは15時の直前にかけて株価が異常な値動きをする可能性があるということです。今後の投資戦略を考える上でも参考になると思いますのでぜひ30日の楽天の値動きに注目してください。