【売り】鹿島建設 (1812) 2月は軟調に推移するか = フェアトレード 西村 剛

2月は軟調に推移するか
■注目銘柄
鹿島建設 (1812)

■注目理由
同社は、総合建設大手です。超高層ビルとうの最先端分野に強みを持っています。同社は、例年2月の株価は下がりやすく、2月売り勝率は76.1%(勝ち数16回、負け数5回)となっており、軟調に推移する傾向があります。これは、同社株価が例年12月と1月に上がりやすい傾向があり、2月は株価上昇に対する利益確定売りが出やすいことが背景です。不動産株は、長期的にみると大きく株価上昇する期待が持てますが、2月は軟調に推移する可能性があると判断しました。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:76.19%
平均損益(率):2.01%
平均利益(率):5.35%
平均損失(率):-7.89%
--------------------------------------