◆29日の米株式市場の概況 NYダウ反落、緩和縮小継続で新興国景気への警戒再燃

 29日の米株式市場はNYダウが反落し、前日比189.77ドル安の1万5738.79ドル、ナスダック総合指数は同46.528ポイント安の4051.434で取引を終了した。午後にFOMC(米連邦公開市場委員会)が量的金融緩和縮小の継続を発表したことで、新興国経済への警戒感が再燃し、運用リスクを避ける動きが強まった。なお、出来高概算は、ニューヨーク市場が7億3633万株、ナスダック市場は21億5475万株。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)