任天堂が逆行高、発行済み7.82%の自社株取得を好感

 任天堂<7974.T>が全般急落相場のなかで逆行高。同社は29日、自己株式を除く発行済み株式総数の7.82%に相当する1000万株、1250億円を上限とする自社株取得枠の設定を発表、1月30日~3月31日に取得する方針で、これによる株式需給関係の改善を評価する買いが入った。同日発表した13年4~12月期の連結決算は、売上高が前年同期比8.1%減の4991億2000万円、最終利益は同29.9%減の101億9500万円と低調だったが、これについては既に株価に織り込まれていた。

任天堂の株価は9時33分現在1万3125円(△245円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)