コメリが反落、第3四半期の6.2%営業減益を嫌気

 コメリ<8218.T>が反落。同社は同社は29日、大引け後に第3四半期(4~12月)累計決算を発表。連結営業収益2543億1100万円(前年同期比1.7%増)と小幅増収ながら営業利益では174億2900万円(同6.2%減)と減益となったことが嫌気されている。円安の影響から輸入仕入価格が上昇、園芸用品など粗利率の高い季節商材が低迷。また、電気・ガスなど光熱費の高騰も影響している。
 なお、今14年3月期通期は営業収益3290億円(前期比3.1%増)、営業利益193億円(同0.6%増)の当初予想から変更はない。

コメリの株価は10時35分現在2460円(▼73円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)