タムロンが続落、シティ証が投資判断を引き下げ

 タムロン<7740.T>が続落。全般相場の軟化に加えて、シティグループ証券が29日付で投資判断を「買い」から「中立」に引き下げたことが観測されている。円安進行や10月の下方修正による悪材料出尽くし感の醸成、新製品への期待感などを背景に、株価は過去3カ月間で22%上昇したが、これらや新年度の大幅増益予想は、株価に織り込まれたと指摘している。同証券では利益確定に転じる可能性が高いと判断し投資判断を引き下げ。ただし目標株価は2200円から2700円に引き上げている。

タムロンの株価は10時36分現在2461円(▼135円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)