東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は大幅反落、値上がり銘柄数は14にとどまる

 30日午前の東証マザーズ指数は前日比27.79ポイント安い959.94と大幅反落。
 フライトHDやフリービット、ウインテスト、省電舎が値を崩し、リアルビジョン、エイジア、テラプロも売られた。半面、ぷらっとホーム、メディネットは大幅高、DNAチップやシュッピン、トランスジェニも買われたが、値上がり銘柄数は14にとどまった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)