<チャートの視点>=ニューテック、下値を着実に切り上げながら三角もち合いを形成

 サーバーなどに接続するストレージ(記憶装置)の開発や製版などを手掛けるニューテック<6734.T>は、下値を着実に切り上げながら三角もち合いを形成している。昨年9月中旬から10月初旬にかけて急伸し、10月3日に451円をつけたあとは上げ一服商状。ただ、13週移動平均線近辺では底堅さをみせており、上昇基調の13週線がサポートラインとなっている印象。また、日足チャートでは昨年10月以降、75日移動平均線を一度も下回っていない。
 なお、2014年2月期通期の単独業績見通しは、売上高が21億円(前期比7.9%増)、経常利益が7700万円(同9.2%増)、最終利益が7500万円(同14.2%増)。主力のストレージ製品が堅調に推移していることが増収増益につながっている。

ニューテックは14時00分現在397円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)