ケンコーコムが13年12月期見込みの業績予想を下方修正、サービス競争激化響く

 ケンコーコム<3325.T>がこの日の取引終了後、集計中の13年12月期(決算期変更に伴い9カ月決算)業績について、売上高を従来予想の150億円から141億円(前年第3四半期累計比7.3%増)へ、営業利益を同8000万円から3000万円(前年第3四半期累計7800万円の赤字)にそれぞれ下方修正した。医薬品ネット販売再開などの増収要因はあったものの、EC業界におけるサービス競争激化で売上高が伸び悩んだほか、海外事業の予算未達なども利益を圧迫した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)