今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は、日経平均が大幅安となる中で頭を押さえられ、102円ちょうど付近から102円30銭台でもみ合いとなりました。しかし、後場に入り、日経平均株価が下げ幅を縮めると、102円50銭台まで強含みました。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

1/30(木)
17:55☆(独) 1月雇用統計
18:30 (南ア) 12月生産者物価指数
22:00☆(独) 1月消費者物価指数・速報
22:30☆(米) 週次新規失業保険申請件数
22:30☆(米) 第4四半期GDP・速報値
24:00☆(米) 12月中古住宅販売成約
25:30 (米) 5年債(350億ドル)入札
27:00 (米) 7年債(290億ドル)入札
30:45 (NZ) 12月貿易収支
※☆は特に注目の材料

今夜は米国の経済イベントラッシュです。特に米第4四半期GDP・速報値は注目されるでしょう。

ただ、依然として新興国経済に対する不安がある中で、仮に米経済指標が軒並み良好でもどこまでリスクオンムードに戻せるかは微妙なところです。主要国株価を眺めつつ、リスク許容度の度合いの変化を確認していく必要がありそうです。