【売り】野村不動産レジデンシャル投資法人 投資証券 (3240) 配当権利確定後は軟調に推移するか = フェアトレード 西村 剛

配当権利確定後は軟調に推移するか
■注目銘柄
野村不動産レジデンシャル投資法人 投資証券 (3240)

■注目理由
同証券は、野村不動産開発の「プラウドフラット」等に投資している上場不動産投資証券です。同証券は、5月と11月に配当を分配しています。配当利回りは4%を超えるために、配当権利確定日に向けて株価が上昇する傾向があります。権利確定後は売りが出やすく、軟調に推移する傾向があります。2月の売り勝率は83.3%となっており、軟調に推移する可能性があるでしょう。しかし、例年4月は売りが一巡し再度株価上昇する期待が持てることから、3月末は押し目買いチャンスと言えそうです。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:83.33%
平均損益(率):1.55%
平均利益(率):3.96%
平均損失(率):-10.48%
--------------------------------------