ダイトエレクが13年12月期業績見込みを上方修正、コスト圧縮努力が貢献

 ダイトエレクトロン<7609.T>がこの日の取引終了後、集計中の13年12月期業績について、売上高を従来予想の350億円から348億9900万円(前の期比3.2%減)に下方修正した一方、営業利益を同4000万円から1億3800万円(同60.0%減)へ、純損益を同2億2000万円の赤字から7700万円の赤字(前の期1億8200万円の黒字)へそれぞれ上方修正した。売上高はほぼ予想通りとなったが、利益率の向上や販管費の圧縮を図ったことなどが貢献した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)