あす(31日)の株式相場見通し=波乱で押し目買い意欲後退、月末・週末重なり売り先行

3d63dddd4

 あす(31日)の東京株式市場は、月末と週末が重なることから利益確定の売りが出やすい地合いが予想されるのに加え、連日極端に変動幅の大きな波乱展開が続いているため、投資家は値ごろ感による押し目買いを手控えざるを得ない状態となっているという。しばらくのあいだは、リスク回避ムードが付いて回ることになりそうだ。
 東証が30日引け後に発表した1月第3週(20~24日)の投資部門別株式売買動向によると、外国人投資家は2329億円(前週は371億円の売り越し)と3週連続の売り越しで、その金額が増加したことも懸念要因となりそうだ。
 30日の東京株式市場は、朝方から大きく売りが先行。日経平均株価は、一時530円安まで売り込まれ、その後は押し目買いにやや下げ渋ったものの、日経平均株価終値は、前日比376円安の1万5007円と大幅反落。トルコリラが再度売られるなどで新興国経済への不安心理が再燃した。東証1部の売買代金は3兆222億円と3兆円を超える大商いとなった。FOMC(米連邦公開市場委員会)での声明文で新興国通貨安への言及がなかったことも懸念材料視された。
 日程面では、12月の鉱工業生産指数速報、12月の完全失業率・有効求人倍率、12月の消費者物価指数、12月の新設住宅着工戸数に注目。海外では、米12月の個人消費支出、1月のユーロ圏消費者物価指数が焦点に。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)