◎欧米外為市場サマリー

 30日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=102円72~73銭と前日に比べ40銭強の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=139円23~27銭と同49銭の円高・ユーロ安だった。 
 この日発表された米10~12月期GDP速報値は、前期比年率で3.2%増と市場予想(3.2%増)と同水準だった。米国経済の着実な成長が確認されたことが好感され、一時、102円89銭まで円安・ドル高が進む場面があった。米新規失業保険申請件数(前週分)は34.8万件と市場予想(33.0万件)に比べやや雇用情勢の悪化を示す内容だった。トルコリラなどの下げが一服したことや米長期金利の上昇もあり、102円70銭台で取引を終えた。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3555~56ドルと同0.0108ドルのユーロ安・ドル高だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)