野村HDが反発、4~12月期純利益6倍で買い先行

 野村ホールディングス<8604.T>が反発。同社が30日発表した13年4~12月期連結決算は売上高が前年同期比1.6%増の1兆3810億7100万円、純利益が同6.1倍となる1523億3600万円となった。これは05年4~12月期以来の高水準で業績急回復を評価する買いが優勢。ただ、上げ幅は限定的。ここにきてトルコやアルゼンチンなどの通貨安が引き金となって新興国経済への不安が台頭し、世界同時株安局面につながっており、東京市場でもその影響を受けている。地合いの悪化が今後の投資家心理に影響を及ぼすことも考えられるだけに、上値を買う動きにも慎重さがみられる。

野村HDの株価は9時11分現在749円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)