藤商事が大幅続落、14年3月期営業利益予想30億円に減額

 藤商事<6257.T>が大幅続落。同社は30日、14年3月期通期の単独業績予想の修正を発表したが、売上高は500億円から405億円(前期比13.8%減)、営業利益は70億円から30億円(同52.5%減)、最終利益は40億円から20億円(同36.0%減)に大幅減額しており、これを嫌気する売りが出ている。パチンコ、パチスロ遊技機の販売台数がいずれも計画に未達だったほか、利益面では研究開発費などの増加も足を引っ張った。一方、同日、同社は自己株式を除く発行済み株式総数の2.01%に相当する50万株、8億円を上限とする自社株買いを発表したが、業績下方修正のネガティブインパクトのほうが強かったようだ。

藤商事の株価は9時23分現在1285円(▼93円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)