東建不販が買われる、13年12月期上方修正、配当も増額

 東京建物不動産販売<3225.T>に買いが先行している。同社は30日、13年12月期通期の連結業績予想の修正を発表。売上高は従来予想の245億円から272億円(前期比17.0%増)、営業利益は20億円から24億円(同32.4%増)、純利益は8億円から11億円(同48.6%増)に増額しており、これを好感する動きとなった。仲介事業と販売受託事業が好調だった。また、グループ内再編により子会社への事業部門追加に伴う収益上乗せも寄与している。同時に期末配当も従来予想の4円から5円に増額すると発表、年間配当は9円となり前期実績比1円の増配となることも買いを誘う背景となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)