生化学が反発、腰椎椎間板ヘルニアを適応症に「SI-6603」の国内承認申請を材料視

 生化学工業<4548.T>が反発。30日の取引終了後、「SI-6603」(一般名コンドリアーゼ)について、腰椎椎間板ヘルニアを適応症として厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表したことが材料視されている。同薬剤は、椎間板内に直接投与する注射薬で、1回の投与で手術と同程度の症状改善効果が期待できるのが特徴。現在、腰椎椎間板ヘルニアについては、根本治療となる薬物療法が存在していないことから、患者の身体的負荷の軽減やQOLの向上への貢献が期待されている。なお、今後は米国で実施中の第3相臨床試験の進捗にも注力するという。

生化学の株価は9時35分現在1541円(△49円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)