<前場の注目銘柄>=住江織物、「ECOS」戦力化へ

 住江織物<3501.T>の株価は300円近辺を底に出直る動き。PBR0.8倍の時価は引き続き狙っていけそうだ。

 国会の赤じゅうたんなどを納入するカーペットの老舗で自動車や鉄道車両の内装材なども手掛けている。カーペットでは循環型リサイクルカーペット「ECOS(エコス)」が商業施設などで大型受注を獲得、今後は「海外でも販売を本格化させる」(吉川一三社長)方針で大きな戦力となっている。

 自動車内装材はホンダの新型フィット向けを筆頭に大手メーカーからの採用が拡大している。今14年5月通期の連結営業利益24億円(前期比16.7%増)予想は前提為替レート1ドル=97.75円からも先行き増額期待が高まろう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)