エプコが反発、使用電力データ解析で英ケンブリッジ大と提携と報じられる

 エプコ<2311.T>が反発。31日の日本経済新聞が「使用電力のデータ解析で英ケンブリッジ大と提携する」と報じたことが材料視されている。ケンブリッジ大の技術を活用してエプコが保有する住宅の電力使用データを分析、居住者の生活様式を割り出す。解析結果を基に各家庭に電力の効率的な使い方を助言して電気料金を抑える節電支援サービスなどを開発すると伝えている。株価は24日に昨年来高値2476円を付けてから前日まで4日続落し、20%を超える下落になっており、節電支援サービスを期待した押し目買いが先行している。

エプコの株価は10時23分現在1900円(△120円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)