伊藤忠が反発、カナダの資源開発会社への出資報道を材料視

 伊藤忠商事<8001.T>が反発。31日の日本経済新聞が「2月に銅など金属資源の探査を手掛けるカナダの資源開発会社、カイゼン・ディスカバリーに出資する」と報じたことが材料視されている。出資額は約5億円で、出資比率は6.35%。カイゼンの高精度な探査技術を使い、有望な鉱山資源の権益獲得を目指すと伝えている。株価は16日に付けた戻り高値1373円から前日安値1247円まで9%強下落しており、買戻しが先行している。

伊藤忠の株価は10時49分現在1279円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)