郵船が反発、第3四半期経常3.3倍の大幅増益で通期業績予想を引き上げる

 日本郵船<9101.T>が反発、前日比10円高の335円まで上昇した。きょう昼休み時間中に発表した今2014年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算は売上高1兆6543億5400万円(前年同期比16.7%増)、経常利益503億5800万円(同3.3倍)と大幅増収増益を達成し、通期業績予想を上方修正したことが好感されている。前回の売上高2兆1910億円を2兆2140億円(前期比23.7%増)、経常利益500億円を550億円(同2.6倍)へ増額。自動車運搬船やLNG運搬船、物流事業の順調で運賃は低水準で収益環境は厳しいが、コスト対策効果で売り上げ、利益とも計画を上回る。

郵船の株価は13時27分現在327円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)