三晃金が一時8%高、14年3月期業績予想を上方修正、工事進捗が想定を上回る

 三晃金属工業<1972.T>が後場大幅高し、一時、前日比21円(8.2%)高の276円まで上昇した。午後2時ごろに14年3月期の単独業績見通しについて、売上高を従来予想の320億円から330億円(前期比13.5%増)へ、営業利益を同8億円から12億円(同53.3%増)へ、純利益を同3億5000万円から6億5000万円(同6.2倍)へぞれぞれ上方修正したことが好感されている。工事の進捗が想定を上回って推移する見通しであることが要因という。
 同時に発表された第3四半期累計(4~12月)業績は売上高226億1100万円(前年同期比15.5%増)、営業利益7億9200万円(同5.2倍)、純利益は3億9100万円(前年同期500万円)だった。長尺屋根やソーラー屋根などの受注が好調だった。

三晃金の株価は14時25分現在260円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)