東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続落、システクアイ、ぷらっとホームが値崩す

 31日の東証マザーズ指数は後場下げに転じ、前日比8.60ポイント安い956.42ポイントと続落。
 システクアイ、ぷらっとホームやウインテスト、ネットプライス、シンプロメンテ、比較コムが値を崩し、エリアクエスト、コロプラ、カービュー、モルフォも売られた。半面でアルデプロ、フライトHD、ファーストエスコが大幅高、クロスマーケやアップル、カイオムも高い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)