ジャスダック市場(大引け)=続落、ニューフレアなどが値を崩す

 31日大引けの日経ジャスダック平均は前日比13円46銭安の2102円66銭と続落した。
 後場から軟調になる銘柄が多く、ニューフレア、ランシステム、SEH&I、サン電子、ヤマザキ、ケイブなどが値を崩している。半面、理研グリン、イナリサーチ、リバーエレテクがストップ高、プロパスト、JCLバイオ、橋本総業、GFAなども値を飛ばしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)