【売り】北興化学工業<4992>出来高の減少は調整の前兆か?=中原

【売り】北興化学工業出来高の減少は調整の前兆か?
今回の注目銘柄は、北興化学工業です。

北興化学工業:農薬製造会社。有機触媒や電子材料など非農薬製品も手掛ける。

27、28日の急騰以降、調整期間にある北興化学工業。1月28日の上髭の大きさが売り勢力の強さを物語っているように思われます。

加えて、直近の出来高は少なく、28日の1800万株と比較すると現在はその20分の1以下となっています。。
出来高の急激な減少は統計的にみて売りが優勢。高値のブレイクによる続投の可能性は捨てきれませんが、調整が来ることを期待して売りで仕掛けます。

上昇する可能性も十分あるため、ロスカットを設定をしておくのが無難でしょう。

=====
今回利用した戦略「出来高マンスリー」の検証結果
検証期間:2000年1月4日~2014年1月31日
取引回数:9835回
対象:全銘柄

【寄成→20営業日後寄成の取引を行った場合】
勝率:61%
勝ちトレード平均利益:12.2%
負けトレード平均損失:14.1%
期待値:1.9%
=====