【買い】みずほフィナンシャルグループ (8411) 2014年は銀行株大幅上昇の年となるか? = フェアトレード 田村 祐一

新興国不安の影響は軽微。再度リバウンドに転じる期待
■注目理由
同行は、言わずと知れたメガバンクの一角です。

2月の同社株価は、新興国不安が落ち着き、再度上昇に転じる可能性が高いと判断しました。

米国FOMCで資産購入の減額が決定したことで、新興国から投資資金が流出する懸念が出ました。FOMCの決定は以前から想定されていた範囲に留まり、特段サプライズはありませんでした。しかし、米国が金融緩和の収縮を本格的に実行し始めたことで、通貨の信用性が低い新興国通貨から米国等の先進国へ資金流れています。しかし、トルコやブラジル等のリスクは、日米欧の景気を大きく悪化させる可能性は低く、今回の下落は行き過ぎたリスク回避の動きである可能性が高いと考えます。

新興国不安の影響は、2月初旬は残る可能性が高く、同社株も軟調、もしくは横ばいの展開が継続すると想定します。しかし、その後は落ち着きを取り戻し、再度上昇に転じる可能性があると判断しました。