◎欧米外為市場サマリー

 31日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=102円04~05銭と前日に比べ60銭強の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=137円63~67銭と同1円60銭の円高・ユーロ安だった。 
 この日発表された米12月個人所得は、前月比0.0%と市場予想(0.2%増)を下回った。ただ、1月シカゴ購買部協会景気指数は59.6と市場予想(59.0)を上回った。経済指標はまちまちだったこともあり、市場の反応は限定的だった。新興国通貨安への不安が再燃し米10年国債利回りが低下するなか円は強含みで推移し一時、101円95銭まで上昇する場面があった。この日のNYダウは下落し、結局102円近辺で取引を終了した。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3488~89ドルと前日に比べ 0.0067ドルのユーロ安・ドル高だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)