ボルテージが3日ぶり反発、14年6月期業績予想を上方修正、ソーシャルアプリ好調

 ボルテージ<3639.T>が3日ぶりの大幅反発。1月31日の取引終了後、14年6月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の95億円から100億円(前期比10.0%増)へ、営業利益を同3億円から5億円(同69.3%増)へ、純利益を同8000万円から2億円(同41.9%増)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。直近の業績動向を反映したとしている。
 同時に発表した第2四半期累計(7~12月)業績は、売上高48億3700万円(前年同期比4.6%増)、営業利益2億6500万円(同3.6倍)、純利益1億1200万円(同4.4倍)となった。ソーシャルアプリで第2四半期の新規タイトル「ゴシップガール~セレブな彼の誘惑~」が好調に立ち上がり、大幅に計画を上回ったほか、既存タイトル「王子様のプロポーズ2」「王子様のプロポーズ」「誓いのキスは突然に」も好調に推移したことが業績を牽引した。

ボルテージの株価は9時26分現在1661円(△74円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)