郵船が逆行高、4~12月期の業績急改善を評価

 日本郵船<9101.T>が全般相場に逆行。同社が31日発表した13年4~12月期の連結決算は最終利益が283億8500万円と前年同期の31億7200万円から急改善、これが買いにつながっている。ばら積み船やタンカーが好調だったほか、為替の円安メリットも利益を押し上げた。14年3月期通期の業績についても営業利益段階で従来見通しを増額修正、前期比2.6倍の450億円と従来予想から30億円上乗せしている。

郵船の株価は9時40分現在334円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)