シュッピンが反発、品薄感背景に先高期待膨らむ

 シュッピン<3179.T>が反発、全体軟調相場のなかも、好業績と好需給を背景に上昇基調を続けている。カメラを主軸商品に中古品のネット販売を手掛けるというユニークな業態で業績急拡大トレンドを継続、好業績内需小型株として海外株や為替動向の影響も受けにくい強みを持つ。12月度の月次売上高は前年同月比2割以上の伸びを示すなど足もとも絶好調、1月度も高水準の伸びが期待される。株式需給面では、発行株数わずか600万株弱でしかも浮動株比率は9%と品薄感が強く、先高期待を演出している。

シュッピンの株価は9時55分現在1315円(△46円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)