Jパワーが反落、通期連結経常利益見通しを430億円に下方修正

 Jパワー<9513.T>が反落している。同社は前週末31日の取引終了後に、2014年3月期通期の業績見通しの修正を発表。売上高を従来予想の7020億円から7060億円(前期比7.6%増)に引き上げた半面、経常利益は450億円から430億円(同4.1%減)に、最終利益を330億円から300億円(同0.6%増)に引き下げた。
 販売電力量の増加などで売上高の増加が見込まれるものの、為替差損など営業外費用が膨らみそうなことが利益予想の引き下げにつながっている。
 なお、同日には14年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算も発表。売上高は5195億9200万円(前年同期比6.5%増)、経常利益は419億1900万円(同12.5%減)、最終利益は302億8200万円(同7.1%減)となった。

Jパワーの株価は10時20分現在2944円(▼121円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)