TDKが大幅続落、第3四半期大幅増収益で通期予想を上方修正もHDD用磁気ヘッド需要減退を警戒

 TDK<6762.T>が大幅に3日続落、前週末比350円安の4340円まで売り込まれた。31日取引終了後に発表した今2014年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算は売上高7433億7500万円(前年同期比18.9%増)、営業利益343億5200万円(同35.6%増)と大幅増収益になり通期業績予想を上方修正したが反応はない。むしろ、HDD用磁気ヘッド需要減退に伴う業績下振れが警戒されているようだ。通期は前回の売上高9300億円を9850億円(前期比16.7%増)、営業利益300億円を370億円(同70.6%増)へ増額。電子部品、HDD用ヘッドや二次電池の販売が計画を上回り、円安が進行していることから、売上げ、利益とも予想を上振れる。

TDKの株価は10時31分現在4380円(▼310円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)