豊田織機が後場軟化、通期業績見通し増額も足もと利益確定売りを誘発

 豊田自動織機<6201.T>が後場に入り、やや売りに押されている。同社が3日前引け後に発表した13年4~12月期連結業績は売上高が前年同期比29.8%増の1兆4806億7200万円、純利益が同88.3%増の764億5000万円と高水準の伸びを示した。また、14年3月期通期の業績見通しも純利益が従来予想の780億円から850億円に増額した。コンプレッサーが国内外で好調で会社側見通しを上回っている。ただ、株価には増額修正が半ば織り込まれており、足もとは材料出尽くしのムードが広がった。

豊田織機の株価は12時39分現在4710円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)