い生活が大幅3日続落、14年3月期業績予想と配当予想の下方修正を嫌気

 いい生活<3796.T>が大幅3日続落。1月31日引け後に14年3月期の業績予想について、売上高を従来予想の19億5500万円から18億1700万円(前期比0.8%減)、営業損益を同7000万円の黒字から3100万円の赤字(前期3300万円の赤字)へ、純損益を同3500万円の黒字から4900万円の赤字(同5800万円の赤字)へそれぞれ下方修正したことが嫌気されている。「ESいい物件One」は売り上げを拡大させているものの、当初のリリースの遅れの影響が残り、クラウドサービス(拡販サービス)の売上高が想定を下回ったことが要因。また、業績予想の下方修正に伴い、従来11円を予定していた期末一括配当を3円に引き下げるとあわせて発表したこともネガティブ材料視されている。
 なお、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)業績は、売上高13億6700万円(前年同期比0.7%増)、営業損益900万円の赤字(前年同期5400万円の赤字)、純損益2800万円の赤字(同6000万円の赤字)となった。

い生活の株価は13時8分現在283円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)