中部鋼鈑が小幅反落、4年3月期営業損益の下方修正を嫌気

 中部鋼鈑<5461.NG>が小幅ながら反落。同社は1月31日大引け後に今14年3月期通期予想を修正。連結売上高で当初計画の425億円から446億円(前期実績348億4600万円)へ上方修正したが、、営業損益では10億円の黒字から6億円の黒字(同11億8500万円の赤字)へ下方修正したことが嫌気されている。厚板は、土木・建築向け需要や建設機械・産業機械向け需要の回復を背景に販売数量が増加しているが、鋼材需要拡大に伴う需給逼迫から鉄スクラップ価格が高騰していることが影響している。

中部鋼鈑の株価は13時35分現在461円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)