日信工が反発、4~12月期営業利益7割増、「安全」テーマでも買い

 日信工業<7230.T>が全体地合い悪に抗して反発。同社はホンダ系のブレーキメーカーで新型フィットの販売開始なども追い風に業績好調。前週末31日に発表した13年4~12月期営業利益は前年同期比69.1%増の136億9800万円と高い伸びを示し、これが好感されたかかたち。日本や欧米など先進国で、早晩安全装備の義務法制化や安全性能評価基準の見直しが行われる方向にあることもABS(アンチロック・ブレーキシステム)など制動関連を強化する同社の経営方針と合致、「安全」をテーマに付加価値を創出する自動車部品メーカーとして再評価余地がある。

日信工の株価は14時35分現在2163円(△51円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)