コクヨが反発、13年12月期業績見込みを上方修正、ファニチャー事業想定上回る

 コクヨ<7984.T>が反発。3日の取引終了後、集計中の13年12月期業績について、売上高を従来予想の2800億円から2880億円(前の期比4.4%増)へ、営業利益を58億円から64億円(同31.9%増)へ、純利益を33億円から45億円(同85.3%増)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。オフィス家具の製造販売などを行うファニチャー関連事業の売上高が予想を上回ったことに加えて、経費削減効果や円安による為替差益の発生などが売上高・利益を押し上げたとしている。

コクヨの株価は9時3分現在733円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)