セ硝子が全般軟調のなかしっかり、14年3月期業績予想の上方修正を好感

 セントラル硝子<4044.T>が全般安の中しっかりの動きとなっている。3日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1830億円から1890億円(前期比8.9%増)へ、営業利益を同87億円から89億円(同17.8%増)へ、純利益を同44億円から46億円(同5.4%減)へそれぞれ上方修正したことを好感した買いが入っている。第3四半期までの業績進捗状況を踏まえたとしている。
 その第3四半期累計(4~12月)業績は売上高1379億4700万円(前年同期比9.8%増)、営業利益68億6300万円(同12.3%増)、純利益36億8400万円(同19.1%減)となった。主力のガラス事業では国内の建築需要好調で建築用ガラスが伸長したほか、北米市場の需要旺盛で自動車用ガラスも堅調。また、医薬関連製品やリチウムイオン電池電解液の出荷が堅調だったファインケミカルも前年を上回った。

セ硝子の株価は9時46分現在324円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)