三菱食品が大幅続落、14年3月期通期の連結業績見通しを下方修正

 三菱食品<7451.T>が大幅続落。同社は3日の取引終了後に14年3月期通期の連結業績見通しを下方修正。売上高は従来予想の2兆4000億円から2兆3700億円(前期比2.2%増)、経常利益は200億円から165億円(同11.9%減)、最終利益は115億円から100億円(同12.8%減)にそれぞれ引き下げた。消費者の節約志向を背景に商品単価の低下傾向が続いているほか、競争激化によって採算が悪化していることなどが影響する。
 なお、同時に14年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算も発表。売上高は1兆8282億9200万円(前年同期比2.5%増)、経常利益は138億700万円(同13.0%減)、最終利益は87億4900万円(同5.2%減)となった。

三菱食品の株価は9時48分現在2240円(▼130円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)