プロルートが4日続落、第3四半期の減収減益を嫌気

 プロルート丸光<8256.T>が4日続落、軟調な動き。同社は3日大引け後に第3四半期(4~12月)累計決算を発表。連結売上高137億2700万円(前年同期比4.2%減)、営業利益1億7200万円(同38.8%減)と減収減益となったことが嫌気されている。消費の最盛期に入る10月から悪天候の影響や節約志向の高まりにより売り上げは低調に推移している。
 今14年3月期通期予想は売上高177億7000万円(前期実績177億6200万円)、営業利益1億3000万円(同1億2400万円)の当初予想から変更はない。

プロルートの株価は11時0分現在100円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)