ファミリーマートは軟調、横浜市交通局協力会と包括業務提携契約を締結

 ファミリーマート<8028.T>が軟調。同社は3日、一般財団法人横浜市交通局協力会(横浜市)とコンビニエンスストアの営業に関する包括業務提携契約を、1日に締結したと発表した。
 この契約により、従来は横浜市交通局協力会が経営する横浜市営地下鉄のブルーライン(あざみ野駅~湘南台駅)とグリーンライン(中山駅~日吉駅)の全ての「はまりんコンビニ」と駅売店を、今月26日以降順次ファミリーマート店舗として転換していく方針。今後、横浜市交通局協力会が開店するコンビニエンスストアもファミリーマート店舗として開店していくとしており、横浜市営地下鉄での店舗が拡大していくことになる。

ファミリーマートの株価は11時19分現在4465円(▼115円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)