ウィルは下げ幅を縮める、前3月期利益上振れ期末配当も引き上げ

 ウィル<3241.T>は19円安の185円まで売られた後、下げ幅を縮めている。3日取引終了後に集計中の前13年12月期利益予想を上方修正し、期末一括配当を引き上げた。連結業績について前回の売上高43億6800万円を37億8600万円(前の期比19.1%増)に減額する一方、営業利益4億8300万円を5億200万円(同33.9%増)に引き上げるなど利益面を増額。計画を上回る増益で期末一括配当を前回の2円70銭から倍の5円40銭に引き上げた。前期は流通店舗を基軸とした事業間シナジーの最大化戦略が奏功、利益率の高い事業群「フィービジネスとリフォーム」の業績が計画を上回った。

ウィルの株価は11時30分現在196円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)