ITHDが反発、ITインフラと金融ITサービス牽引し第3四半期好決算

 ITホールディングス<3626.T>が反発し昨年来高値を更新。3日引け後に第3四半期累計(4~12月)連結決算を発表しており、売上高2384億4700万円(前年同期比1.0%増)、営業利益83億8800万円(同8.4%増)、純利益32億1100万円(同20.2%増)と増収増益となったことを好感。ITインフラストラクチャーサービスや金融ITサービスが業績を牽引。前年同期には産業ITサービスで大型開発案件があったが、この反動減をカバーした。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高3450億円(前期比2.1%増)、営業利益205億円(同12.8%増)、純利益75億円(同27.8%増)の従来予想を据え置いているが、予想を据え置かれたことによる買い安心感も働いているようだ。

ITHDの株価は12時44分現在1713円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)