USENが反発、財務健全化へシンジケートローンの総額借り換えとリファイナンスを実施

 USEN<4842.T>が反発、前日比50円安の267円で寄り付いた後、切り返し22円高の339円まで上昇した。3日取引終了後に財務健全化を図ることを目的に現行シンジケートローンの総額借り換え、減資とリファイナンスを実施すると発表した。シンジケートローンはみずほ銀行とドイツ銀行をリードアレンジャーとした金融機関と総額280億円のシンジケートローンを調達、2015年11月に返済期限を迎える現行シンジケートローンを総額借り換える。減資とリファイナンスは資本金約661億円を35億円に、資本準備金418億円を全額減資して繰越利益剰余金の欠損を補てん。オリックス<8591.T>などを割当先に新優先株を発行し旧優先株式を取得し償却することで、社債型優先株のリファイナンスを実施する。

USENの株価は13時7分現在327円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)