<後場の注目銘柄>=沖縄セルラー、業績は本格回復期へ

 沖縄セルラー電話<9436.T>が本格的な上昇局面に突入しそうだ。

 同社はKDDI系の携帯電話会社。沖縄ではシェア約5割を誇っている。足もとの業績は好調で先月28日に14年3月期の連結純利益は従来予想の54億円から57億円(前期比14.6%増)に増額修正。今期配当も前期比実質1円増の79円に増配する計画だ。スマートフォン化の進展とともにデータARPU(1契約者あたり平均月間収入)が反発に転じている。業績は今期以降、本格回復が見込める。

 また、沖縄カジノ構想が浮上しているが、同構想が実現した場合、同社にも恩恵が期待できる。

 株価は配当利回りで3%前後の水準にあり割安感は十分だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)