明星電が4日続落、14年3月期業績予想の下方修正を嫌気

 明星電気<6709.T>が4日続落。全般安に加えて、午後1時に14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の80億円から75億円(前期比15.3%減)へ、営業利益を同5億円から1億円(同51.3%増)へ、純損益を同4億円の黒字から1億円の赤字(前期3200万円の黒字)へそれぞれ下方修正したことも売り材料視されている。受注面で来期以降や今期の終盤へとずれ込む案件が出ていることに加えて、受注した案件でも受注額の下落により利益が縮小しているものがみらえることなどが要因という。
 なお、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)業績は、売上高36億3300万円(前年同期比0.8%増)、営業損益7億4200万円の赤字(前年同期6200万円の赤字)、純損益6億4200万円の赤字(同3800万円の赤字)と赤字幅が拡大した。

明星電の株価は13時48分現在97円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)