三井倉が4日続落、通期連結経常利益見通しを40億円に下方修正

 三井倉庫<9302.T>が4日続落となっている。同社はきょう午後1時30分に、14年3月期通期の連結業績見通しの修正を発表。営業収益を従来予想の1590億円から1600億円(前期比7.9%増)に引き上げた半面、経常利益は47億円から40億円(同6.8%増)に、最終利益は50億円から42億円(同32.7%増)に引き下げた。
 景況感の改善を背景に荷役作業や一般貨物取扱運送などが堅調に推移しているものの、貨物の集中やトラック需給の逼迫に伴うコストが増加。第4四半期でコスト削減に取り組むものの、第3四半期の未達分を補うまでには至らない見込みだという。
 なお、14年3月期第3四半期(4~12月)の連結業績は、営業収益が1208億1000万円(前年同期比9.3%増)、経常利益が29億7800万円(同13.0%減)、最終損益が39億4700万円の黒字(前年同期実績は6億2100万円の赤字)だった。

三井倉の株価は14時51分現在400円(▼34円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)