内海造は4日続落、第3四半期の業績悪化を引き続き嫌気

 内海造船<7018.T>が4日続落。3日取引時間中に発表した今14年3月期第3四半期(4~12月)は連結売上高146億7700万円(前年同期比34.0%減)と大幅減収で、営業損益17億6100万円の赤字(前年同期30億6300万円の黒字)と赤字に陥ったことが引き続き嫌気されている。新造船が前年同期と比べ売上対象船が4隻減少、低船価で採算が厳しい新造船を売り上げに計上したことで損益が急激に悪化した。なお、通期は売上高222億円(前期比18.0%減)、営業損益13億円の赤字(前期30億600万円の黒字)と期初予想を据え置いた。

内海造の株価は15時現在174円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)